"> 一括査定の時の買取業者との交渉にコツはあるのか

「一番高いところに売る」の一点張りでいい

一括査定により買取業者の査定を受ければ、車のチェック後に査定額の提示があり商談というか「この金額でぜひ売ってください」などという業者からの働きかけが行われます。

中古車人気が高く売れ筋車種の軽自動車であれば、なおさらこの買取攻勢は強いものとなることでしょう。

ちょっとした買取交渉のようになるのですが、この際の交渉のコツのようなものはあるのでしょうか。

結論を言えば、一括査定により複数業者が査定していることになっているのなら、下手な価格交渉はしないほうがいいということになります。

たった1社だけの査定であれば言い値で終わらせないために価格交渉は不可欠でしょう。

でも各社の競争を前提にした一括査定なら面倒な交渉など考えなくてもいいのです。

「A社は○○円でしたよ」と告げるだけで、本当に買い取りたいと思っている業者ならその金額を少しでも上回る金額を提示しようとするでしょう。

車買取店は車を買い取れてナンボという商売だとよく言いますが、一括査定による紹介手数料を払い経費をかけて出張しているのですから、簡単には他社に遅れをとるわけにはいきません。

他社の査定額を伝えるだけで各社は黙っていても真剣勝負の競争になります。

これが一括査定の最大のメリットなのです。

具体的には、出張査定時に「他社はいくらでしたか」と必ず聞かれますので、「今までの最高は○○万円。全社を比べて一番高いところに売ります。」とたったこれだけでいいのです。

こう伝えるだけで各社の査定が終わるごとに査定提示額は順に上積みされて高くなっていくはずです。

耐えられない業者は「うちではその金額は無理です」と競争から脱落していくというだけです。

たとえば自分である買取店に持ち込み、その業者と交渉して高く売ろうとするなら、とてもこうはいかないでしょう。

いくら事前に調べたり勉強ししたりしても相手は車買取のプロです。

素人が中古軽自動車の価格について業界のプロと交渉しても勝負にならないと考えるべきでしょう。

「@@だから相場より高めになるはず」と素人が主張しても、「@@だから相場よりマイナスになる」という「@@」の部分をプロは素人とは比べ物にならないくらい一杯持っているのです。

他社との競争がない状態でプロが査定額を値切ろうとしたら、100万円のものを50万円にすることも可能でしょう。

ですから一括査定では「一番高いところに売る」の一点張りでいいのです。

このシンプルさがまた一括査定の合理的ですばらしい点なのです。


このページの先頭へ