"> 車のパーツ|純正品と社外品の査定への影響

ノーマルな車のほうが中古車として売りやすい

車のパーツや付属品と査定との関係を整理してみましょう。

査定を受けることになったら、車両はできるだけノーマルな状態に戻しておいた方が良いとよく言われます。

それは、特定の趣味に寄った車よりノーマルな車のほうが中古車として売りやすいからです。

ただし、メーカー純正品やディーラーオプションのように純正品の場合は無理して取り外したりしない方がいいでしょう。

純正品、中でも新車時にしか装備できないメーカーオプションの場合は査定で結構評価される可能性があるからです。

ディーラーオプションも同様にプラス査定の可能性がると考えましょう。

さて、純正ではない社外品の場合はどうすればいいのでしょうか。

オーナーが自分で取り付けたいわゆる社外品の場合は、残念ながら高価なものでもマイナス要因となってしまう可能性もありますので注意が必要です。

ではマイナス評価になりかねない社外品とはどのような物でしょうか。

社外品の主な例としては、カーナビ、アルミホイール、エアロパーツ等があります。

このような社外品についてはマイナスにもならないけれども値段の割にはプラスにもならないというケースが多いでしょう。

このような場合、こだわりの付属品であれば査定前に取り外して、次の車に装備するとかパーツの買取り専門店に売却する方がお得になります。

また社外品が有名なメーカーのブランド品である場合、車買取店の査定では正当な評価が期待できますが、これがディーラー下取りになるとほとんど評価されないと考えた方がいいでしょう。

また社外品を取り付けた状態では車検が通らないような場合は、車買取業者と言えどもマイナス要因にせざるを得ないでしょう。

社外品を取り付けるとき取り外された純正品は大体そのまま保管していると思いますが、社外品がマイナス要因になるようでしたらその純正品を元に戻しておくことも考えた方がいいでしょう。

社外品を外して純正品にするのがお得なのかどうか自分で判断が難しいときは、買取業者に連絡をして査定額にどう影響するのかを率直に聞いてみるのがいいでしょう。

また自分の好みで、カスタムカーと言ってもいいほど様々な社外品を付けている場合は、一度カスタムカーの専門店に見てもらうのも一つの方法かも知れません。

近所にカスタムカー専門店なんて無いよという場合も心配ありません。

全国での査定対応をしている専門店があり、ネットで検索すればすぐ見つけることができます。

困った場合は一度試してみることをお勧めします。


このページの先頭へ